事業案内

外国人技能実習生受入事業および職業紹介事業
外国人技能実習生受入事業および職業紹介事業は、発展途上国の青壮年労働者を日本に受け入れ、日本の産業・職業上の技術・技能・知識の修得を支援することを内容とするもので、これにより発展途上国の産業振興・経済発展を担う人材育成に寄与することを目的とした公的な制度です。

外国人技能実習事業および職業紹介事業
外国人技能実習事業及び職業紹介事業とは、開発途上国等の青壮年労働者を技能実習生として一定期間日本の産業界に受入れて技術、技能および知識を習得してもらう制度です。技能実習法(2017年11月1日施行)により、優良な監理団体かつ第3号技能実習可能優良事業者の場合は、従来の実施期間3年が5年に延長が可能となります。
技能実習生への技術、技能および知識の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、日本の国際協力、国際貢献の重要な一翼を担っています。
技能実習生は、派遣労働者ではなく、あくまで受入れ企業の正規従業員となります。

Translate »